HOME>アーカイブ>コストカット以外にも活用目的は様々あります

コスト面以外の活用方法が多々あります

固定電話

オフィスで利用するビジネスホンですが、今これを購入せずにリース業者を利用して導入するという企業が増加傾向にあります。リース利用は購入の初期費用がかからない等主にコストカットのための利用がメインの所も多いですが、それ以外の活用方法も存在します。まずは多くのビジネスホンメーカーの最新機種が新品で利用出来るので、次のリース、もしくは購入を考えた際の使い勝手の確認として利用するという目的です。それ以外にも、そのリース会社の保証内容が他のレンタル業者等よりも好条件でそれを目当てにリースするといった利用目的もあります。突然のトラブルに備えたリスクマネジメントの観点も会社選びの際には必要です。

今は昔に比べ良い時代になりました

固定電話

そんな便利なビジネスホンリースですが、以前は今ほどリース利用は盛んでは無かったようです。というのも昔はレンタル業者が多く選択肢があまりありませんでしたが、購入と同じ価格を月額回収されていたため、企業体力のある会社でなければ借りられないともいわれていました。そうした状況を見て台頭してきたのがリース業者で、この形態ならばクレジット販売と同様で月の負担も少なくなるという事でこの形態が主流になっていきました。

基本的な契約形態とは

固定電話

ビジネスホンのリースの際には基本的な事を知る必要があります。まずは契約期間で、一般的には3~5年程度の契約となり、その間の解約等は基本的に不可能です。その分料金はレンタル等に比べ安く提供でき、そのメリットを有効活用する企業も多い傾向にあります。また、リースでビジネスホンを利用するとその支払い料金は経費として処理する事が出来ます。これを知った企業等が節税対策としてビジネスホンのリースを活用するという選択をする場合もあります。

広告募集中